efoサービスとは?

ネットショップefoはentry form optimizationを省略した言葉であり、日本語では入力フォーム最適化と翻訳されています。efoによって解決をめざすことができる問題としましては、途中離脱をあげることができます。たとえば、ネットショップで何か商品を購入する際、購入希望者は氏名や連絡先、お届け先などの必要情報をフォームに入力し、送信する作業をして注文を完了させます。その際、入力が必要な項目数が無駄に多いことなどに対し疲れたり、ストレスを感じたりして注文完了にいたる前の段階で、入力フォームを設置しているWebページを出ていってしまう方がいます。これが途中離脱の問題であり、Webサイトを訪問し、入力フォームまで到達したにも関わらず、途中離脱してしまう方が10人中8人はいると指摘されています。

efoサービスでは、この途中離脱の問題を解決すべく、事業者が提供する入力フォームの最適化ツールを利用する形になります。実際にネット検索を利用するなどして調べてみるとわかりますが、利用する候補となり得る事業者は少なくありません。いい加減に選んでしまうと、たまたま優良な事業者にあたることもあるでしょうが、そうでない場合にはコストをかけても途中離脱率が高いままという問題を招くことにもなりかねません。どこのefoサービスを使ったとしても同じ結果が得られるわけではないのです。優良な事業者を見つけるためには各事業者のどの要素に注目すれば良いのかを把握し、途中離脱率の低下につなげましょう。続いては、比較のポイントについて説明します。

〔参照HP〕エフトラEFO:efoサービス利用